SUPER 2&4 RACE


九州初の2輪&4輪BIGレースイベント同時開催!

全日本ロードレース選手権 ST600クラス

国内サーキットにて排気量などにより異なる全5クラス開催を基本として選手権シリーズ展開されますが今大会では4輪レースのフォーミュラ・ニッポンとの同時開催となる為、排気量600㏄のバイクによる、参加台数が最も多い「ST600」クラスのみ開催します。

2輪車メーカーがテクノロジーを集結して開発した一般市販型600ccのバイクを、トップライダー選手が華麗かつスリリングに操り、白熱した順位争いを展開します。迫力ある多数のマシンによる臨場感溢れた音、スピード、躍動感を通じて、2輪レースの魅力をご堪能下さい。イコールコンデションであり特に参加台数の多いこのST600クラスでは、大接戦のスタート、華麗なコーナーリング、熾烈なトップ争いなどレース終了まで目が離せません。今大会はノックアウト予選方式、決勝2レース制を導入し、見応え十分のレース構成となっております。

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン

フォーミュラ・ニッポンは世界最高レベルのドライビングテクニックを競う日本最高峰のモータースポーツカテゴリーです。

同レースからF1に多くの選手を輩出していますが、今年は元F1ドライバー中嶋悟氏を父にもつ日本最速DNAを受け継いだ中嶋兄弟が参戦。F1でも活躍した中嶋一貫選手(トヨタ)とイギリスF3で腕を磨いた中嶋大裕選手(ホンダ)の異なるチームでの兄弟対決が実現します。チーム監督陣も中嶋悟、星野一義等の往年の名ドライバーから、マッチこと近藤真彦がチームを率いて参戦します。

土曜日にはF1同様のノックアウト方式の公式予選にて緊張感あふれる最速タイムの競い合い、日曜日には54周回(レース距離:約250km)の決勝レースが開催され、日本一をかけたシリーズ序盤の熱い2日間が展開されます。マシンはF1に似た流線型の車体となり3年目を迎え、各チームセッティングも煮詰められオートポリスコースレコードが更新されることも期待されます。白熱したレース内容と共に、マシンが奏でるF1ライクなエキゾーストサウンドもその魅力のひとつであり、高音域の良質なサウンドもその魅力のひとつであり、高音域の良質な排気音をスリリングなバトルと共に是非会場で体感下さい。

ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース2011 シビック インターシリーズ第1戦

ホンダワンメイクレースの歴史は1981年、シビックから始まりました。
今回のシビックインターシリーズは全国のサーキットにて転戦されるスパーアマチュアレースであり、オートポリスでは初開催。マシンは大幅な改造は許されずイコールコンディションでありながら、各チーム独自の華やかなカラーリングがかもし出す雰囲気は、まさにレーシングマシンそのものであり選手のテクニックもプロ顔負けです。同レースシリーズ特別賞として【中嶋悟賞】が設定されており、卓越した成績やそれまでの努力、さらにモータースポーツ界振興に寄与したドライバー中嶋悟氏が独断で選出し、全シリーズ終了時の表彰式当日に発表されます。

■大会名称
AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2011

■開催日
6月4日(土)、6月5日(日)

■主催
株式会社オートポリス/オートポリス倶楽部
特別協力:株式会社熊本放送/株式会社ブライト

■後援
文部科学省/観光庁/大分県/熊本県/日田市/菊池市/柳川市/大津町/小国町/九州観光推進機構/日田市教育委員会/菊池市教育委員会/柳川市教育委員会/大津町教育委員会/小国町教育委員会/日田市観光協会/菊池市観光協会/柳川市観光協会/小国ツーリズム協会/杖立温泉観光旅館協同組合/西日本新聞社/RKB毎日放送/TOSテレビ大分/九州運輸局

■詳細URL
http://www.autopolis.jp/formula_nippon/

カテゴリー: レース観戦   タグ:   この投稿のパーマリンク
blog comments powered by Disqus